結婚相談所での出会いから結婚までの流れ

最近はインターネットで結婚相談所の広告を目にする機会が増えてきました。結婚相談所を利用して実際に結婚をするまでの流れですが、最初に登録を行う必要があります。登録の際は住民票・独身証明書・運転免許証などの写真付きの本人確認書類のコピー・大学や短大などの卒業証明書や取得している資格を証明する書類のコピーなどを提出します。住民票と独身証明書は役所で発行してもらえます。書類を提出してプロフィールを記入すれば登録作業が完了です。
登録作業が完了したら、プロフィール写真の撮影を行います。結婚相談所のスタッフのアドバイスを受けながら衣装や背景を選びます。プロフィールが完成するとメンバーページ登録され、登録している異性のメンバーが参照することができる状態になります。自分も他の方のプロフィールを見ることができるので、気に入った方を探しましょう。プロフィールを参照して会ってみたいと思った相手が見つかれば、お見合いの申し込みをすることができます。
お見合いの申し込みをすると会社のスタッフが相手の方と連絡をします。相手の方が合うことに同意したら、結婚相談所のスタッフがお見合いのセッティングを行います。スタッフからお見合いの場所と日時の通知が届いたら、指定されたところに行って相手の方と会うことができます。本人と会うまでは、メールなどで相手の方と連絡を取ることができません。何度かお見合いをして、交際をする相手を見つけます。
お見合いをして交際がスタートしたら、3ヶ月間とか半年間などのようにある決まった期間にわたりお付き合いをすることができます。もしも交際をやめたい場合には、結婚相談所のスタッフを通して伝えます。お付き合いをしてみて結婚をしたいと思ったら「真剣交際」の登録を行い、以後は他の人とお見合いをすることができなくなります。この段階になるとお互いの親に会ったりして、結婚をするための具体的な準備を開始します。成婚が決まると結婚相談所を成婚退会することになります。退会した後は、本人たちだけで結婚式や住居などを決める作業を行う必要があります。

結婚相談所でも結婚詐欺はあるのか

様々な出会いのチャンスがある結婚相談所ですが、登録に対して積極的になれない人も少なくありません。懸念材料としてよくあげられるのが結婚詐欺のリスクです。確かに出会いを求める気持ちにつけ込む行為だけに、警戒心を持つのも当然でしょう。賢い態度で望むのは社会人としての心得ではあります。ただきちんとポイントを抑えておくことでトラブルを回避することは十分可能です。
結婚相談所が往々にして結婚詐欺の舞台となるのは、登録時において精査をきちんと実施していないことに由来します。裏付けのない見せかけだけのデータを並べて無条件に通せばトラブルが起きやすくなるのも当たり前です。参加者としては登録情報に惑わされることなく、きちんと見極めることが求められます。可能ならば質問を送るなどして矛盾がないかどうかを確かめておきましょう。
見方を変えればきちんと登録に一定の条件を設けて、厳正な審査を経ている結婚相談所は信頼できます。しっかりとした人物しか在籍できない以上は結婚詐欺に対する心配も抑えられるというものです。サービスを利用する前は加入条件に関する項目を見極めていきましょう。特に年収という要素は社会的ステータスと信頼性を図る上で何よりの指標となります。
とはいえ結婚相談所が掲げるメリットと、実際のサービスが同等のものであるかを判断するのは中々困難です。自分で見分けられない以上は他人の意見を参考にしなければなりません。幸いにしてインターネットには数々の口コミ情報や、体験談を掲載しているサイトがあります。これらを丁寧に目を通して結婚詐欺は発生していないかなどを調べていくことが大切です。その上で実際にパートナー候補を出会えるイベントを定期開催していることも重要な事柄になります。問題のある人物というものは一見しただけで違和感や不快感を感じることも珍しくありません。サービスの信頼性を判断する賢さを養って結婚相談所を適切に利用していきましょう。

結婚相談所に登録後すぐに結婚できる人の特徴

結婚相談所に登録後すぐに結婚できる方の特徴は、収入が安定しているなどの経済的な余力がある人が多いということがあります。そして、相手に対して求める条件が明確になっているという事も特徴的なところです。どんな人でも良いという人は実はあまりにも漠然としていて相手が決まらないという事があってか、実はすぐには決まりません。どんな人でも良いと言いながら会ってみるとこんな雰囲気ではない、自分のイメージと違う、合わないというような事を考えるようになってしまうので、このような条件の人が良いという明確な条件提示をしている方に比較してすぐには決まらないという事があるのです。
相手に求める条件は多ければ良いというモノではありませんが、無いという事も実はアバウトすぎて決められないという事にもなり、もっといい人がいるのではないかという考えに至るという事も少なくはありません。自分では高望みをしていないつもりが実はもの凄いとこを望んでいるという事があるという事も知っておくべきという事が言えるのかもしれない。難しいのは条件を付けることでは無く、自分がその条件で納得をしているのかどうかという自分の気持ちという事になるのかもしれません。
逆にある程度の条件をしているされていると、探されている方もそれで探しやすくなりますし、相手もその条件にあっているという事が分かるので、安心して会う事が出来るという事もあってか一見厳しい条件を出している人の方がすんなりと決まるという事もあります。もっとも厳しい条件を出す人の場合は自分に対しても厳しい人も多く、それなりの収入であったり、魅力で会ったりというものを持っているという事もありそう。自信がない人は間口を広くしようと考える為か条件を絞らない傾向があるのですが、会ってからなんとなく違うというようになる事も多く、相手側も同じような事を感じる事も多いので、なかなか決まらないという事があります。

結婚相談所と結婚情報サービスの違い

結婚相談所と結婚情報サービスの違いとしては、目的やサービス内容やサポート内容や料金システムなどがあります。結婚相談所と結婚情報サービスは似て非なるものですので、違いをきちんと理解して自分にぴったり合っている方を選ぶ必要があります。目的についてですが、結婚相談所の場合は成婚を目指すもので、結婚情報サービスの場合は出会いやマッチングを目指すものという位置付けになります。目的が違いますので、それに伴うサービス内容やサポート内容や料金システムも異なります。結婚相談所の場合は、パートナー探しから成婚までトータルでサポートしてくれます。担当者がマンツーマンで最初から最後まで丁寧にきめ細やかに面倒をみてくれるというシステムで、お見合いやデートのセッティングもしてくれますし、随時様々な相談にものってくれます。出会いから交際に発展して成婚に至るまで、全てコーディネートしてくれるので、結婚情報サービスに比べて料金も高くなります。お見合いやデートなどの後は、きちんと報告する必要があるということも理解しておきましょう。本気で結婚を考えている人が多く集まるのが結婚相談所ですので、成婚率が高いという特徴があります。結婚情報サービスは出会いやマッチングを目的としているので自分でパートナー探しをするという色が濃いです。インターネットでパートナー探しをするのが一般的で、入会金のみで気軽に利用することが出来るサービスが数多く存在します。担当者がマンツーマンで面倒みてくれる結婚相談所とは違い、自分で積極的に自分をアピールして気に入った相手にアプローチしていく必要があります。結婚情報サービスには様々なものがあり、それぞれ特徴やコンセプトが異なりますので、結婚に対する意識が高い人が集まるサービスをきちんと見極めて選びましょう。成婚率の高さや確実性で選ぶなら結婚相談所が適していますし、自分のペースでパートナー選びをしたい人は結婚情報サービスを選ぶのが良いでしょう。